MRE ラボ

MRE成分と免疫力向上についての研究報告

MENU

CLOSE

  1. ホーム
  2. MRE成分とは
免疫増強組成物「MRE成分」とは?

人は本来、病気にならないようにできています

風邪などのちょっとした体調不良から、生活習慣病やガンなど大きな疾病まで、私たちの生活は様々な病気に脅かされています。しかし、人間には本来、病原菌や不調から体を守る働きが備わっているはずです。その働きがあるにも関わらず、病気になってしまうのはなぜなのでしょうか?

その理由は、人間の体を司る3つの働きにありました。

通常、体の働きを調節する「自律神経」とホルモン分泌を司る「内分泌」、病原菌やウイルスを撃退する「免疫」の3つがバランスを保つことで健康を守っています。これら3つのバランスが保たれていれば、体は健康な状態を保つことができるのです。しかし、生活していくうえで様々なストレスがかかり、この3つのバランスは崩れてしまいます。

すると…

呼吸や心拍を司る自律神経がうまく機能しなくなったり、ホルモン分泌が乱れたり、さらには免疫が弱くなってウイルスに弱くなるなど、様々な不調を招きやすい状態に。例えるならば、3つのバランスが崩れた状態は、家財や家族を守るための大切な外壁である家がボロボロになってしまっているようなもの。健康であり続けるためには、「自律神経」「内分泌」「免疫」のバランスを保つことが大切です。

しかし、「自律神経」に働きかける薬は現在ありません。また、「内分泌」を治療する薬はあるものの、副作用を起こす場合もあります。そこで、「免疫」に働きかけるMRE成分が現在注目を集めています。

自然免疫を活性化する「MRE成分」

MRE成分とは、MRE菌から作られる「自然免疫増強組成物」です(日本特許庁 公開日2012年8月23日特許登録済/WIPO世界知的所有機関 公開日2010年8月26日)。健康を支える3つのバランスのうちのひとつ「免疫」に働きかける機能があり、弱くなった免疫を活性化するだけでなく、強くなりすぎた免疫を抑える力もあります。

MRE成分は無味無臭の液体で水のような感覚で飲めるほか、副作用がなく安心して取り入れることができます。また、極めて小さな成分なので体の隅々にまで届き、乱れた免疫をしっかりと整えることができます。

免疫を整えることで3つのバランスをとり、病気になりにくい体へ

3つのバランスのうち「免疫」を整えて病原菌やウイルスの侵入を防ぐことで、乱れた「自立神経」や「内分泌」の働きを整えることにもつながります。また、MRE成分は人間が本来持っている治癒力を活性化させることで、

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎を含むアレルギー疾患または自己免疫疾患
  • 肝臓癌、前立腺癌、大腸癌

などに働きかけることがわかっています。

何度病原菌やウイルスが入り込もうとしても、その都度、しっかりと撃退できれば重大な不調に陥ることはありません。まずは免疫を整え、不調に負けないバランスのとれた体を取り戻しましょう。

さらに、細胞の若返りにも期待!

通常、人間の体の細胞は1年ですべて入れ替わると言われています。その際に行われているのが、不要なタンパク質や細胞内にある細菌などの毒素を分解する「オートファジー」という機能。オートファジーが行われる時はリソソームという酵素が重要となりますが、リソソームは一度使われるとリサイクルされません。

MRE成分にはリソソーム相同酵素群というリソソームに似た酵素が含まれることがわかっており、オートファジーをサポートする働きが期待されています。